介護職員初任者研修とは?

介護職員初任者研修とは?

これまで、ホームヘルパー2級という仕事を聞いたことがあるとは思いますが、この介護職員初任者研修はホームヘルパー2級と同等の資格です。
2013年4月に名称の変更がありましたが、まだ聞き慣れないとは思います。

 

名称の変更だけでなく、これまでなかった筆記試験が採用されることになり、知識が要求されるようになりました。
これまで施設実習が30時間あったのですが、それが廃止となり実技の授業が増えることになりました。
これだけ聞くと、かなり難しくなったという印象が強いのですが、これまでホームヘルパー2級や1級、その他の介護の資格では重複している学習内容があったのを再度見直すことにより、重複が無くなる方向で調整しています。
ですから、介護の資格というと、まず最初に目指すのがこの介護職員初任者研修ということになり、以前より資格の取り方は分かりやすくなりました。
ただ、筆記試験が採用されることは、どんなに実技面で問題はなくても、ペーパーテストで合格しないと資格が取れないということになります。
このように資格そのものがやや難しくなると、資格という意識が強くなるので、世間的な介護職の評価も今以上に向上することは間違いないでしょう。