資格取得への道≪介護職員初任者研修≫

仕事を決める際に何を基準に決める?

最近の若者には夢がないと言われますが、みなさんはどうですか?
しかし、月日は過ぎて行くので、いつしか自分の仕事を決めなくてはならない時期が来ます。
仕事を決める際に、仕事内容が好きなものか?給与はどうか?有名企業か?
仕事を決める理由ってたくさんあるでしょう。

 

今回は、介護の仕事についてお話したいと思います。
私は仕事を決める際に、その仕事が10年後20年後存在しているかどうか?(会社の存続も含めて)で決めることが大切だと相談された場合に話すようにしています。
残念ながら、世の中の移り変わりや進歩によっては無くなってしまった仕事というものもありますし、先細りの仕事もあります。
無くなる仕事があれば、新しく出て来る仕事というものもあるわけで、数十年前にはなくて現在存在している仕事として、インターネットを使った仕事があります。
インターネットの普及によって、本や雑誌が売れなくなり、街からは本屋さんがかなり減りました。
同じように、介護の仕事は今後ますます需要があるでしょう。
それは、本格的に介護を必要とする年代の方が一気に増えるのが、ここ10年くらいに訪れるからです。
団塊の世代と呼ばれる方が、あと10年も経てば70代になるので、介護職の需要は高まるでしょう。
将来的に増える仕事、その仕事をする人がいないと世の中が困る仕事、そんな仕事ですと将来的には安定していると言えます。
介護職もそうですし、看護師の仕事も同じく需要がずっと高い仕事のように思います。

通信講座情報

>>スクールや通信講座を探すならコチラ・・・適切なスクールや通信講座を選ぶならまずは複数の通信講座に一括資料請求する必要があります。